目白蕪木「ちょいと失礼」

映画や本や趣味などを失礼ながら好き勝手に綴ります

かか 宇佐美りん著

熱情か計算か 絵画で言えばキャンパスに原色を書き殴るみたいなイメージか ピカソのように、写実のレベルは遥かに超え抽象に至っているとも思えない 子供がぐちゃぐちゃに書いたらとんでもない絵になったか 実は相当な計算が働いていると思っている 緻密な計…

その日のまえに 重松清著

泣けると題した帯に釣られ読んでみた 氏の著作は以前短編を一つ読んだことがあるくらい その時にも感じていたのだが、この本からもどうしても現実感みたいなものが得られないなと思ってしまった なんだろう 自分の側に問題があるのかな つまり人の生死にまつ…

シンクオアスイム いちかばちか俺たちの夢

2019年のフランス映画 スウェーデンの男性シンクロナイズドスイミングチームの実話が題材のようだ 相当脚色はされていそうで、少し作り込み過ぎたかと思わないでもないが、面白い 中高年の男(たち)が生き甲斐を見いだせず無為な生活を送るが何かをキッ…

松山英樹マスターズ優勝

3日目を終わって、2位と4打差のトップ これ以上ない展開で大チャンスと思った それに何しろ松山だから というのも、他の日本人選手には申し訳ないが、この位置で最終日を戦って勝てる可能性のあるのは松山しかいないとあえて断言する 往年の名選手でいえ…

ダラスバイヤーズクラブ

HIV治療薬を巡る実話に基づいている AZTという元々抗癌剤を抗ウイルス薬として使い始めた時期の話で、もちろんHIVに効果はあるが、副作用も強く継続困難であるばかりか免疫機能を低下させてしまう問題があった 映画では製薬会社と医師とFDAが結託して、旨い…

初恋 お父さん、チビがいなくなりました

ああ、面白かった この映画を面白く見られる年代があるだろうとは思うが 若い人は退屈と思うかもしれないな 結婚していて人生の後半を迎えている人には面白いだろうな 原作は西炯子さんという漫画家らしい いくつかなと思って調べてみると54歳だ ご両親を…

スタンドアップ

スキャンダルと合わせて見た 初めてのセクハラ訴訟らしい 何と1988年の実話が元になっている ということはセクハラ云々とはまだ30年ちょっとしか経ってないのだ 日本はもっと遅かっただろう ハラスメントという言葉が使われ出した記憶はそんなに古くな…

スキャンダル

公開は2019年 2016年に起こったFOXでのセクハラ訴訟が原作になっている 肝心の女性キャスターたちの立ち位置と関係性が今ひとつわかりにくかった これは多分アメリカ本国では有名なキャスターたちなのでそこまで描かなくても良いということだろう し…

NHK将棋決勝戦と女子ゴルフ最終日

斉藤8段と稲葉8段の決勝戦だった 力戦型の闘いで面白かった 斉藤8段の仕掛けが積極的で急戦模様だったが、稲葉8段の落ち着いた対応が印象的だった どちらの棋士が好きか嫌いかというと正直ほんのちょっぴりだけ斉藤8段の方が好きだ 理由は単純でまず名前 昔…

自転しながら公転する

読み終わった この手の小説を読んだのは初めてだったので正直苦労した 良いと思えたところから まず何よりタイトル これは秀逸というか素晴らしい キャッチーでありながら内容をいい得て妙 座布団3枚 よく思いついたもんだ 次に安定した筆致というかブレのな…

影踏み

ちと古いがようやく見た 横山秀夫の原作と言うことで興味深かった 横山秀夫といえば警察小説の印象とサスペンス的要素が強い ただこれはちょっと毛色が違ったようだ はっきり言って映画化には適さない原作だろう 内面を映像化するのは非常に困難だから 今ま…

ミリオンダラースティーラー

めちゃくちゃ面白く良く出来た映画だ アルゼンチンの映画だそうだ 銀行強盗の実話を元にしている どうせB級映画だろうと思って見始めた いつもの通り最初の20分で見続けるかどうか決めるつもりで そうしたら目が離せなくなった 途中からこれはB級どころか…

奥多摩トリップ

先日奥多摩に行った 東京にあのような渓谷があり澄んだ水が流れているとは知らなかった 元々山と川のせせらぎが大好きだ 山派と海派があるとするなら100%山派だな もちろん海が嫌いなわけではまったくない ただなぜか海には郷愁というか寂しさを感じてし…

旧友

先日、旧友と飲んだ もちろん昼飲みだが 旧友とはいっても会社にいた頃の同僚だ 彼は今年3月で定年するらしい 約1年ぶりに会った 彼はいわゆるいい漢だ(男ではない) 見た目はまあおいといて誠実で物静かでガッツがあり自分の主張を曲げない強さを持ち上…

藤井総太棋士の選択

藤井総太 言わずもがなの天才棋士 すでにタイトルは2冠で、段位は八段 順位戦ではB級2組を全勝で突破し来期はB級1組 いよいよA級が見えてきた 河口俊彦さんの書によると、B級1組というのはなんとかの棲み処で、下から上がってくる名人候補のような強い者…

JR上野駅公園口

なんとか読破した 自分には容易に批評しえぬ難解な小説だった あとがきにもあるが、膨大な取材が元になっているのはよく分かる それほど描写が細かい 重厚ととるか、過剰ととるか分かれるように思う 全米図書賞というアメリカでもトップ3に入るような価値あ…

影裏を観て

WOWOWで観たのだが、番組紹介欄にはサスペンスとあったので期待したのだがちょっと違っていた 観終わり、これは原作があるなと確信し、調べてみるとやはり芥川賞受賞作であった きっと大きく評価は二分するだろうなと思ったらやはり当たっていた 行間を読ん…

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

WOWOWで観た まずまず楽しめた どんでん返し的なサスペンス映画の一つだろう 少し展開が遅いのと難解かなとは思うが秀作ではある どちらかというと映画より小説向きの内容かな つまり映像化にはあまり適さない 主人公の心象風景が最も重要だから 勉強にはな…

将棋指し 米長邦雄

続いて米長邦雄 何度も中原名人に挑戦して敗れ、最後の最後で名人を獲得した大棋士 面白い話が一杯ある超魅力的な将棋指し 男ばかり4人兄弟の末っ子で兄3人がみな東大に進学した 記者かだれかに、あなたはなぜ東大に行かず将棋指しになったのですかと聞か…

将棋指し 芹澤博文

その昔、大橋巨泉氏のクイズダービーだったかと思うが、芹沢名人という愛称で呼ばれた将棋指しが芹澤博文である 将棋指しではなく芸能人と勘違いしていた人も多いかと思う 天才肌の棋士で、酒、ギャンブルなど何でも来い 話術も洒脱で棋士の中では抜群の知名…

最近の傾向

最近の若者は集中力が落ちているらしい スマホの影響ともいわれているようだ スマホの画面を長時間見続けていると当たり前だが目が疲れる 目が疲れれば集中力が落ちるのは当然といえば当然である しかし数年前から自分はある傾向を感じていた それは圧倒的な…

升田幸三の孤独

河口俊彦氏の升田幸三の孤独を読んだ 人間味溢れる棋士、というより将棋指しと言う方が当たっている 自分の大好きなひとたちだ どこか破滅的な匂いがする 自分にもそういうところがあるのだろう 惹かれる もともと将棋というゲームには賭けるという要素があ…

将棋の子 ふたたび

将棋の子 感動が深い もちろんノンフィクションであるし、実話ならではの迫力が凄い どんな世界にも厳しさや大変さは存在するが、奨励会ほどの過酷さはどうだ 幼少期から将棋一筋で25歳までやってきてプロになれない、つまり将棋(対局)でメシを食う道を閉…

筒美京平氏を知った

齢80にして逝去された筒美京平氏のことを初めて知った 凄い作曲家だったんだな ニュースで見たが自分の作りたいものより売れる(ヒットする)ものを作るという 言葉だ 作りたいものが出来た喜びより売れる喜びを取ったというような表現 これぞプロの面目躍…

ホテルムンバイと山田洋次と池波正太郎

ホテルムンバイ いやあ面白かった 2018年の映画らしい いつもWOWOWでしか見ないからちと古いんだこれが 最新作を映画館で見られない なぜなら映画館に行けないからだ これには自分の側と映画館側の両方の事情がある 自分は2時間とかをじっとしてられな…

将棋の子を読んで 3

陣屋事件をその後もう少し調べてみると、升田幸三八段が第六局を指さないで済ませようとしたと言う推論は今の主流らしいことがわかった やっぱり凄いな 次の話 これは自分が凄いと思っていることだ 自分が本格的?に将棋を始めたのは会社に入ってからだった …

将棋の子を読んで 2

陣屋事件 改めて調べてみると1951年の話だ 毎日新聞主催の第一回王将戦で、木村義雄名人・王将(前年まではノンタイトル戦)に 升田幸三八段が挑戦した 陣屋事件の前に大きな出来事がある これもこの事件の前触れになったかもしれない出来事だ 王将戦で…

将棋の子を読んで 1

自分は直接にプロ棋士を知っているわけではない つまりこれから書くことはほぼ書籍の受け売りだ まず持って前提として何が凄いかの定義は、よく言われる記憶力やプロになる厳しさと言ったものではない 自分の目から見て常人離れしている言動や行動を凄いと思…

奨励会 将棋の子を読んで

今年初めての投稿だ 新たな年を迎えたが、特に変わらない 初めてと言えば、正月に実家に帰らなかったくらいか あと年末には常に夫婦以外に娘がいたものだがとうとう大晦日も二人きりだった さすがに一抹の寂しさは感じたがこれも慣れるのだろう お袋が80歳…

喜多川泰氏 運転者を読んで

喜多川泰氏の運転者と言う本を読んだ アマゾンで何かの拍子に見つけて興味を持ったからだった 運を転ずる者 タクシーの運転手が、乗客の運を転ずると言う話だ メインテーマはいわゆる「カルマ」である それをより平易に誰にも分かりやすい表現で描いている …