目白蕪木「ちょいと失礼」

映画や本や趣味などを失礼ながら好き勝手に綴ります

将棋の子を読んで 3

陣屋事件をその後もう少し調べてみると、升田幸三八段が第六局を指さないで済ませようとしたと言う推論は今の主流らしいことがわかった

 

やっぱり凄いな

 

次の話

 

これは自分が凄いと思っていることだ

 

自分が本格的?に将棋を始めたのは会社に入ってからだった

 

当時、同期入社の男がいて、そいつが将棋好きだった

 

もちろんルールは知っていたが、戦法など何も知らない

 

その男はいわゆる中飛車一本なのだが何度やっても勝てない

 

20連敗くらいはしただろうか

 

別に将棋で負けるのなんか悔しくも何ともなかった

 

単なる遊びだ

 

ある日の会社での昼休憩の際、その男が多くの社員のいる前で自分を指差して言い放った

 

こいつはどんだけ逆立ちしても俺には将棋で勝てへん

 

さすがにそこで火がついた

 

初めて本屋に行き将棋の本を買った

 

それが中原誠の「中飛車破り」だった

 

何しろそれまで同じ戦法で負け続けているものだから本を読むとなるほどと合点がいくことばかり

 

その通りに対策したらその男にあっさり勝ってしまった

 

そしてそこから負けることはなく嫌になったその男は自分と将棋を指さなくなってしまった

 

中原誠

 

永世名人の称号を持つ不世出の大棋士

 

実力はもちろん人品、風貌全てがさもありなんと思えるような人だ

 

木村義雄大山康晴ときて中原誠

 

その中原誠がなんと林葉直子と不倫をしたのだ

 

林葉直子とは美人女流棋士と言われ、米長邦雄門下の女流プロだ

 

芸能活動などもやっていたように記憶している

 

これには驚いた

 

いや驚きを通り越してなんと言うのか・・・言葉がなかった

 

とても本当だとは思えなかったのだ

 

不倫はまだしも、相手が身近にいる、しかもライバルと言って良い米長邦雄の弟子である

年の相当離れた林葉直子だなんて

 

驚きはさらにここからだ

 

記者会見のようなニュース映像が流れた

 

中心に中原誠がいる

 

最初の記者が質問を浴びせる

 

中原さん、林葉さんと不倫があったんですか

 

中原が何と言ったか

 

はい、ありました

 

記者たちは絶句

 

凄くないか

 

この後どうなったか実はあまり知らない

 

一番知りたいのは米長とのやり取りだが

 

はい、ありました

 

この一言は中原誠ならではと思わせるものがある

 

米長邦雄は他界しているが一体中原になんて言ったんだろう

 

二人のやり取りを自分なりに推定してみたい

 

中原は実直で真面目、米長は豪胆で洒脱

 

中原 米長さん、申し訳ない

 

米長 ホントにやっちゃったの、中原さん

 

中原 うん

 

米長 師匠である俺の前にやるのは良くないね(笑)

 

中原 (頭を掻く)

 

こんな感じか

 

でもやっぱり中原は凄い