目白蕪木「ちょいと失礼」

映画や本や趣味などを失礼ながら好き勝手に綴ります

松山英樹マスターズ優勝

3日目を終わって、2位と4打差のトップ

 

これ以上ない展開で大チャンスと思った

 

それに何しろ松山だから

 

というのも、他の日本人選手には申し訳ないが、この位置で最終日を戦って勝てる可能性のあるのは松山しかいないとあえて断言する

 

往年の名選手でいえば、青木功くらいか

 

あとはほぼ崩れて終わるのが目に見えている

 

松山でさえ結果的に言えば崩れた

 

四日間で初のオーバーパーだから

 

ライバルはシャウフェレとザラトリスだと思った

 

シャウフェレの安定度は凄かったし、ザラトリスは24歳と若く初出場で怖いものなしの思い切ったプレーを見せていた

 

4打差あったが、バーディボギーで2打差なんかはすぐ縮まる

 

松山自身がー14、15まで伸ばせればと言っていたが、結果的にはライバルが伸びきれず一つ落としても勝つことができた

 

でもそれを勝ち切れる選手とそうでない選手との差は月とスッポンくらい大きいのだ

 

インタビューで一番印象的なショットを聞かれて、18番のティショットがフェアウエイに行ったときと答えた

 

2打差で迎えた18番

 

ボギーでも優勝だが、あのショットがやはり優勝に結びついた一打だったのだろう

 

あれを打てる松山の精神力がやはり凄い

 

もう一つ言えば18番の2打目をガードバンカーに入れ、グリーンに向かって歩いくる時に2打差あって良かったと思ったと言った

 

それも凄い

 

それにしても解説の中嶋常幸が言っていたように、まさか日本人がグリーンジャケットを本当に着る時が来るとは多分松山以外誰も思っていなかっただろう

 

中島常幸は実は凄い選手だったし当時のレベルで言えば勝てる可能性を最も持っていた選手だろうと思う

ただドローが苦手だった

 

オーガスタナショナルでフェードが有利なホールは非常に少ない

 

上位選手はみなティショットはドローで豪快に距離を稼いでくる

松山も決してドローが得意ではないが日頃のトレーニングの成果だろう、きっちり300ヤードをコントロールできるだけの基礎体力を身に着けている

 

着る可能性の最も高いのは松山でそれ以外には誰もいないのだが、実は松山に続くような有望な選手も残念ながらいないのだ

 

女子は渋野日向子が全英を勝ったが、やはり多少はフロック的要素が強い

 

松山は勝つべくして勝ったと言える

 

そこが凄い

 

例年と比較してどの程度のコースセッティングになっていたのか知るよしもないが、少なくとも雨が降り風が少ないコースでボールが止まりやすく、グリーンも遅かったのでもっと良いスコアが出てもおかしくないと思ったが、それだけセッティングが難しかったのだろう

 

しかし何度も言うがこれほどの歴史的快挙が今まであっただろうか

 

例えてみればサッカーワールドカップで日本が優勝するようなものか

 

これで松山英樹という選手はPGAの賞金王にさえ十分なれるだろうし、それはマスターズ優勝に比べれば遥かに優しいチャレンジではなかろうか

 

次は全米プロや全米オープンで勝って欲しい