目白蕪木「ちょいと失礼」

映画や本や趣味などを失礼ながら好き勝手に綴ります

かか 宇佐美りん著

 

 熱情か計算か

 

絵画で言えばキャンパスに原色を書き殴るみたいなイメージか

 

ピカソのように、写実のレベルは遥かに超え抽象に至っているとも思えない

 

子供がぐちゃぐちゃに書いたらとんでもない絵になったか

 

実は相当な計算が働いていると思っている

 

緻密な計算が

 

それが宇佐美りん氏の凄さなんだろう

 

取り上げたテーマである、離婚した母の精神障害と娘との愛憎、彼女たちを取り巻く家族との愛憎、そう、これは人間の愛憎劇だろう

 

テーマ自体の色が原色だ

 

パステルカラーのような淡い色はどこにもない

 

赤、黒、白のイメージ

 

それを思わせるように血の色がよく描かれる

 

そして文体

 

これも計算づくだろう

 

テーマにマッチしている

 

人称もそう

 

全てを計算して読む人がどう読むかがわかっている

 

将棋で言えば藤井聡太くらいの天才なんだろう

 

ただ一点、あのラストはどうなんだろうとは思った

 

推し、燃ゆで芥川賞を取ったがまだ読んでいない

 

読むのが楽しみだ